f07aa724198a10e9d82e3fd1f7bb1356_s

脱毛サロンでもクリニックでも、ムダ毛をなくしたい部位(髭なら顔)が日焼けをしていると施術が断られる可能性が高いです。特にクリニックではひどく日焼けをした状態で施術を受けると後でやけどの副作用が起こってしまうのが理由です。

事前のカウンセリングでは肌の状態がチェックされるはずですが、自分でも「脱毛するぞ」と決意したら、脱毛期間中も含めてしっかりと紫外線ケアをしておかなければなりません。ここではクリニックで髭脱毛をする期間中に日焼けをしてしまった場合にどうすべきかを見ていきましょう。

ヒゲのレーザー脱毛が安いおすすめクリニック5選【2017年度版】

日焼けが髭脱毛にNGな理由

脱毛サロンの「光脱毛」やクリニックの「レーザー脱毛」、使われる光やレーザーはムダ毛の毛根で作られる「メラニン色素」に反応するもので、照射されると熱に変わって毛根にダメージを与える仕組みです。レーザーなら十分に毛根を破壊できる強さです。

一方で日焼けはメラニン色素がお肌に沈着している状態です。つまり日焼けをしている状態でレーザーを照射すると肌色に反応してしまいます。レーザーの温度は一瞬でも120℃まで上昇するため、日焼けをしていると施術後にやけどをしてしまう可能性があるのでNGと言われているのです。

やけどをする程ではなくても、日焼けをしていると施術で十分な効果が期待できないだけでなく、痛みを感じやすいと言われています。

髭脱毛中の日焼け対策

特に男性は普段から日焼け止めを使っている人は少ないです。顔は身体と違って服を着ることができない以上、日常生活で日焼けをしてしまうことがありますね。紫外線の量は春以降に増え始めます。脱毛すると決めたら「日焼け止め」と「帽子」などで顔に紫外線を浴びないように注意をしたいです。

ただし「予約日当日の朝に日焼け止めを使うのはNG」と規定されている所があります。日焼け止めには様々なタイプがありますが、クリームタイプだと成分が毛穴を塞いでしまい、十分な効果が期待できない可能性があるためです。

また「施術当日に使うのも禁止」と規定している所があるのは、当日は肌が熱を帯びた状態で、その状態で日焼け止めをつけるのは肌へのダメージが更に大きくなる可能性があるのが理由です。やむをえず日焼け止め使う場合には「スプレーやリキッドタイプならOK」という所もありますが、いずれにしても事前のカウンセリングではしっかりと説明を聞くことが大切です。

日焼けしてしまったときの対処法

そもそも「日焼け」といっても程度があります。海や山へ行ってしっかりと日焼けをしてしまうとほとんどの所で「施術NG」になるはずです。一方でしっかりとケアをしていても日常生活の中で日焼けをしてしまう程度であれば施術が可能な場合が多いです。

もし日焼けをしてしまい施術NGになったら、日焼けが治まるまで待たなければなりません。髭脱毛だけを行う場合は一年程度通えば終了する人がほとんどですが、日焼けで中断してしまうと何年とかかってしまい、数回施術を受けた分もリセットされてしまうかもしれません。「夏までに髭をなくしたい」というような目標を持って脱毛を始めても諦めざるをえません。

日焼けをしてしまい「肌のほてり」を感じている場合はすぐに冷やし、乳液や美白化粧品を使ってケアをしたいです。またビタミンCには日焼けを治める効果が期待できる栄養素とは言われていますが、即効性はありません。予約日当日には事前のカウンセリングで日焼けを含めた肌状態のチェックが行われますが、心配であれば予約はキャンセルした方がよいでしょう。

日焼け肌でもできる髭脱毛の方法は?

上では「日焼けがひどすぎる場合には諦めざるをえない」と説明しましたが、全く方法がないわけではありません。

美容電気脱毛

一部の脱毛サロンで行われている「美容電気脱毛」は毛穴一つずつに電極を刺して電流を流して毛根を破壊する方法で、肌の色には関係なく処理できるのがメリットです。

しかしその方法から特に髭など剛毛の処理にはかなりの痛みを感じる可能性があること、また脱毛料金が高く髭でも量の多い人は100万円近くかかってしまう可能性もあるなどデメリットが多いため、一部の脱毛サロンでしか行われていません。

ソプラノレーザー

ソプラノレーザーは毛穴の中の毛根が入っている「毛包」という部位にレーザーを照射して毛根ごとダメージを与える仕組みです。一般的なレーザー脱毛はメラニン色素に反応するレーザーを使うため肌色が濃いのはよくありませんが、ソプラノレーザーは肌色には関係なく施術が可能です。

ヤグレーザー

元々は皮膚の色素沈着を治療するために開発されたレーザー脱毛器なので、肌色には関係ありません。レーザーが皮膚の奥深くに届くという特徴があるため、髭の脱毛にも最適ですが、痛みを伴う可能性があるため特に髭脱毛は麻酔が欠かせない人が多いようです。

まとめ

顔にしっかりと日焼けをしていると一般的なレーザー脱毛の場合は施術が断られる可能性があることをご紹介しました。もし日焼けをしてしまっても上で説明したような方法はありますが、ソプラノレーザーとヤグレーザーはまだ最新のレーザー脱毛器で一部のクリニックでしか導入されていません。

日焼けをしてしまい心配な人は自分が通う予定のクリニックでどのようなレーザー脱毛器が使われているのか、事前にホームページなどで確認することをおすすめします。


ヒゲ脱毛に最適なクリニックを選ぶ3つの条件とは?

ヒゲ脱毛するならクリニックの医療レーザー脱毛が最もコスパが良いのでおすすめです。

しかしクリニックならどこでもいいわけではなく、ヒゲ脱毛に最適なクリニックには「ある条件」があります。

ヒゲ脱毛経験者の私が、レーザー脱毛の回数・効果・値段失敗しないクリニックの選び方ヒゲ脱毛が安いクリニックをまとめました。

髭脱毛

ヒゲのレーザー脱毛が安いおすすめクリニック5選【2017年度版】