kenon

「仕事が忙しくてエステや病院へ行く暇がない」「脱毛なんて女がすること」などという理由から家庭用脱毛器でヒゲ脱毛をする男性が増えています。

以前と比べて現在では高い効果が期待できる最新の家庭用脱毛器が続々と登場し、家電量販店などでも多くの種類が販売されているので選ぶのにも困るくらいです。

気になる家庭用脱毛器での効果ですが、もちろんヒゲを脱毛することは可能ですが、永久脱毛までは期待できず、使い続けている間は脱毛サロンの光脱毛と同様の効果が期待できます。エステやクリニックで脱毛することと、家庭用脱毛器を長く使い続けることを考えた時に気になる「コスパ」についてご紹介していきます。

ヒゲのレーザー脱毛が安いおすすめクリニック5選【2017年度版】

ケノンはヒゲに効果ある?

kenon

ケノンの仕組み

最も知名度の高い家庭用脱毛器と言えば「ケノン」と言っても過言ではありません。公式サイトでも「購入者の4割が男性」と掲載されていて、男性にも人気が高いことが分かります。

ケノンは脱毛サロンと同じ「光脱毛器」です。ムダ毛が気になっている部分にムダ毛の毛根にある「メラニン色素」に反応する光を照射することでダメージを与えます。日本人の肌はメラニン色素が多いので反応しやすく、一度ダメージを与えることができればしばらくしてまた生えてきますが、そのままにしておいても自然に抜け落ちて回数を重ねると次第にムダ毛が薄くなっていく仕組みです。

ケノンはヒゲに効果ある?

脱毛サロンの光脱毛では永久脱毛の効果はまでは期待できず、全体的にヒゲを薄くする効果は期待できます。そしてケノンも使い続けている間は脱毛サロンと同様の効果が期待できるはずです。実際にケノンを利用した人の口コミを見てみます。

  • これまで毎日ヒゲ剃りをしていたのが、3日に1回程に減らせるまでに減ってきたので使うのをやめてから1ヶ月、また生えてきました。
  • 8回目の照射を終えてから2週間、鏡で自分の顎を見てみるとツルツルになるまでヒゲがなくなっていました。成功だと言っていいのではないでしょうか。
  • 使い始めて2ヶ月、ヒゲの量は減った。次に生えてくる毛も弱々しい毛だから効果はあったんだろうな。でも永久脱毛したい人は医療脱毛をした方がいいと思う。

この口コミを見てみると効果があった人となかった人と様々ですが、どちらかと言えば「なかった」という人の方が多いかもしれません。

公式サイトでは「最初は2週間に1度使う」とされています。週に1回使って効果があった人が多いようですが、それ以上に頻繁に使うのは肌トラブルを避けるためにもやめた方がよいでしょう。

コスパは?

ケノン本体のメーカー希望小売価格は10万円程、公式サイトではキャンペーンで数万円安くなることもあります。最初に購入したものをずっと使えるわけではなく、定期的にカートリッジを交換しなければならず、そのための費用が必要です。カートリッジには3種類あり、1万~20万発という決められた回数使ったら交換(高いもので1万円程)です。

ヒゲの量や施術するパワーにもよりますが、量の多い人で1回50ショット程度、一番強いパワーで使っても1つのカートリッジで300回程(ヒゲだけに使うなら)使うことができます。週に1回使っても6年近くは使えることになりますね。

トリアはヒゲに効果ある?

tria

トリアの仕組み

家庭用脱毛器として知名度の高い「トリア」はクリニックの医療レーザー脱毛と同じ「レーザー脱毛器」です。クリニックの医療レーザー脱毛は痛いイメージがありますが、トリアは自分で出力を調整できるので痛みを感じにくいレベルから開始できるのが魅力です。

ムダ毛が気になる部分にレーザーを照射して毛根にダメージを与える仕組みですが、ケノンよりもレーザーを照射できる面積が少ない(1cm程度の円形)なので、ヒゲのような狭い場所の施術には最適ですが、その他の部位には使いにくさを感じるかもしれません。

トリアはヒゲに効果ある?

レーザー脱毛と言われると「永久脱毛ができる」と勘違いして購入する人も少なからずいるようですが、トリアでも永久脱毛は期待できず脱毛サロン程度だと思った方がよいでしょう。口コミを見てみます。

  • 私のようなかなり剛毛でも半年も使い続けないうちにかなり効果を実感できました。もちろん今でもヒゲ剃りは必要ですが、1回あたりの時間をかなり短くできただけ効果があったものだと思っています。
  • 3ヶ月使い続け、見違えるほどきれいになりました。もちろんまだヒゲは残っているので使い続けていきたいです。

この口コミを見るとケノンよりは「効果があった」という人が多いように見受けられます。

コスパは?

トリアの公式サイトでは3~5万円代の本体が2種類販売されています。定期的にキャンペーンで1万円程安くなることもあります。ケノンのようにカートリッジの交換は必要ありませんが、充電は500回以上でき、バッテリーが使えなくなれば本体ごと2万円程で交換できます。保証書などの書類はしっかりと保管しておかなければなりません。

使い方にもよりますが男性で「ヒゲとすね毛に利用して2年以上バッテリーが持った」という口コミがあります。

家庭用脱毛器よりクリニックに通う方がいい

家庭用脱毛器は

  • 一度買えばいいのではなく、使い続ける必要がある
  • 定期的に部品や本体を交換しなければならず、そのための費用が必要

という特徴があります。

最近では医療レーザー脱毛で7万円程の料金で期限付きながら「ヒゲ脱毛回数無制限」というクリニックが増えてきています。

初期投資で考えると医療レーザー脱毛よりもトリアならお得になるかもしれません。しかしケノンもトリアも一時的にヒゲが満足できるまでなくなっても使うのをやめるとまた生えてくる可能性があるため、長く使っていくことを考えると医療脱毛の方がお得になるでしょう。

まとめ

家庭用脱毛器でヒゲ脱毛を検討している人に知ってもらいたいことをご紹介しました。家庭用脱毛器では永久脱毛は期待できませんが、医療レーザー脱毛なら可能です。(ただし医療レーザー脱毛でも一連のコースで効果が得られなかった“産毛”が太く成長するなど、何年後、何十年後には生えてくる可能性がゼロではありません。)

しかし様々な理由でクリニックに通えない人もいるはずです。家庭用脱毛器でも使い続けていけば十分に効果はあるのでぜひおすすめです。


ヒゲ脱毛に最適なクリニックを選ぶ3つの条件とは?

ヒゲ脱毛するならクリニックの医療レーザー脱毛が最もコスパが良いのでおすすめです。

しかしクリニックならどこでもいいわけではなく、ヒゲ脱毛に最適なクリニックには「ある条件」があります。

ヒゲ脱毛経験者の私が、レーザー脱毛の回数・効果・値段失敗しないクリニックの選び方ヒゲ脱毛が安いクリニックをまとめました。

髭脱毛

ヒゲのレーザー脱毛が安いおすすめクリニック5選【2017年度版】